引っ越しの前日までにやること

引っ越しがいよいよもうすぐだと迫った時期にやること、結構あります。
まず引っ越しして新しい家に住む際、ご近所の方にあいさつ回りに行くこともあります。

引っ越し先で揃える人も多いのですが、もしも遠く離れた都道府県などに引っ越す場合、以前住んでいた土地の名産品などを挨拶回りで配ると喜ばれることがあります。
ただ都心部のマンションなどに引っ越す場合は挨拶回り自体行わないことも多いですね。

また挨拶回りをする場合もあまり高価なものだとかえって気を遣わせてしまうことにもなるので、高くても1000円程度に収めると良いと思います。
最近こういった挨拶回りの時に配られるアイテムで人気なのが、500円程度のお菓子の詰め合わせやキッチン用品など日持ちする食品や消耗品です。

それから引っ越し当日まで使用するものだけを除いて出来るだけ荷造りをします。
ただ引っ越し当日まで使用し、引っ越し後もすぐに使用するであろうアイテムは段ボールに詰め込むのではなく、バッグなどに入れていつでも出しやすい状態にしておくと便利です。

歯磨きセットや入浴セット、寝具や下着などは当日も使用しますので、間違えて段ボールの奥に入れてしまうことのないようにしてくださいね。
それから前日は余裕に現金を用意しておくと安心です。
自家用車で引っ越し先に移動する場合は自分たちの車に乗せられる荷物は先に積んでおくと良いと思います。

引っ越し代金は現金払いのこともありますしカードなどが使用できることもあります。
ただガスは当日立会いして料金をその場で支払うことが多いため現金が必要です。
また賃貸に住んでいる場合は引っ越しの日に立ち会って部屋の状態をチェックして退去となります。

敷金で賄える程度の退去見積りであれば良いのですが、場合によってはその場で追加料金が必要になることもあります。
前日の夜には冷蔵庫の中を空っぽにしておくことも忘れないでください。

引っ越しでのやることリストをチェック!
http://xn--28jh9aw2lsbzx7dsni981b310e.tv/

これは引っ越し業者にも念押しで言われることもあると思うのですが、冷蔵庫を空にして電源を切った状態で一晩過ごしてから引っ越しで運びます。
当日の朝まで冷蔵庫の電源が入っていると故障の原因にもなってしまうので気を付けてくださいね。
それと忘れてはいけないのが洗濯機のホースの中の水抜きです。

ホースを外すのを忘れると当日運ぶ際に水漏れを起こしたりして手間取ることがあります。
余計な手間や時間がかかってしまうので、これも必ず前日には終わらせておいてくださいね。

 

一戸建て購入にかかる諸費用は?

一戸建ての購入に関してはいろいろと考えなければならないことも多くて、実際に「一戸建てに住みたい!」と思ったところですぐに手に入るものではありませんよね。

資金についての問題も大きいですし、資金不足で購入を断念する方もかなり多いですし、予想よりも多くの資金が必要になってしまい計画が狂ったという方も少なくありません。

一戸建てを購入するには、その家自体の価格がもちろん大きいのですが、それだけを考えてもあまり意味がないのです。購入の際には初期費用などもかかってくるため、そういった諸費用に関しても考えておかなければならず、住み始めるまでにかかる金額は貯金しておかなければならないため計画性が重要です。

しかし、一戸建てにかかる諸費用と言いましても一般的に言われている金額は曖昧で、購入する住宅の価格によっても違ってきたりしますので、貯金をするにも目標が立てづらいという部分もあります。

6〜10%という目安もあるのですが、6%と10%では、金額に大きな違いが出てきますので、目安というよりも実際にどのような項目で費用がかかるのかを知っておくと良いかもしれません。

売買契約印紙代、表示登記費用、所有権移転保存登記費用、抵当権設定登記費用、金銭消費賃借契約印紙代、住宅ローン事務手数料、住宅ローン保証料、火災保険料、団体信用生命保険料、住宅ローン利用料、固定資産税等精算金、不動産取得税、そして仲介手数料や新居に置く家具家電、引っ越しなどそういった費用もかかってきます。

これらは、場合によっては違ってくることもありますが、だいたいはこのような項目で諸費用がかかります。
住宅の金額によって、またはいくら借り入れるかによって金額が違ってくる項目もありますので、そういった点はシミュレーションして計算していくしかないでしょう。

諸費用もローンで借り入れができることもありますが、借りなければ一戸建てを購入できないようなギリギリの状況であれば一戸建ての購入は厳しいかもしれません。

諸費用分、そしてそれらを支払っても多少余裕があるくらいにしておくと安心ですので、一戸建てに住みたいという方は資金面もしっかりと計画を立てて無理なく一戸建てを購入できるように考えておくべきでしょう。

一戸建ては自由度が高く、ある程度は自分たちに合わせた家に住むことができますので、諸費用をしっかりと貯金して購入する価値は十分あるのではないでしょうか。

 

eすまいナビ
首都圏の住宅情報満載!東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城エリアのパナホームの戸建て

新作アイテム一覧 | 大きいサイズのレディース通販ショップ

プロフィールビデオ制作にまつわるよくあるご質問